契約アスリート
ATHLETE PROFILE
pct_player_sotomura

外村 哲也
Tetsuya Sotomura

トランポリン選手

’08 北京オリンピックトランポリン日本代表

生年月日:1984年10月9日

所 属 :
アムス・インターナショナル株式会社
出身地 :
東京都
出身校 :
日本体育大学
身 長 :
165cm
体 重 :
57kg
ブログ :
http://ameblo.jp/sotomura

プロフィール

ロザンゼルス五輪 体操銅メダルの父・康ニの影響で幼少の頃から体操を始める。
体操の練習で使用していたトランポリンの魅力に取りつかれ、10歳から本格的にトランポリン競技を開始。
数々の世界大会での優勝経験を経て、2008年念願の五輪に出場。
日本人最高位である4位入賞を果たす。
線の美しい演技と回転の速さ・技のキレの良さが魅力。
目標は、リオデジャネイロ五輪でのメダル獲得。
<得意技> トリフィス(3回宙返り)

主な競技成績

2004年
第41回全日本選手権大会 個人優勝、シンクロ優勝、団体優勝
2005年
第24回世界選手権大会 個人3位、シンクロ3位、団体2位
2007年
第25回世界選手権大会 個人4位、シンクロ優勝(第1自由・難度点ワールドレーコード更新)、団体2位
2008年
環太平洋大会 個人優勝、北京五輪 個人4位
2009年
第26回世界選手権大会 個人9位、シンクロ優勝(2連覇)、団体5位
2010年
広州アジア大会  個人3位
2011年
第28回世界選手権大会 個人9位、シンクロ9位、団体優勝
2013年
第50回全日本選手権大会 個人2位
2014年
カナダカップ 個人優勝、シンクロ2位、ワールドカップ 個人2位
2015年
第2回全日本年齢別大会 個人優勝

【トランポリン競技について】

ひとつの演技は、連続した10本の跳躍で構成され、技の美しさの「演技点」と、技の難しさの「難度点」と、滞空時間を測った「高さ点」の合計で採点される。1人ずつ跳ぶ「個人演技」と、2台のトランポリンを並べ2人同時に同じ演技を行う「シンクロナイズド競技」がある。また、全日本選手権大会・世界選手権大会においては「団体競技」も行われる。その跳躍の高さは、ビルの3階分に相当する高さ8mほど。
※オリンピックでは「個人競技」のみ