契約アスリート
ATHLETE PROFILE
pct_commentator_shimizu.jpg

清水 隆行
Takayuki Shimizu

元プロ野球選手・野球解説者・スポーツコメンテーター

「メークドラマ」と「メークレジェンド」の両方を経験した唯一の選手

生年月日:1973年10月23日

出身地 :
東京都足立区
出身校 :
東洋大学
身 長 :
183cm
体 重 :
83kg

プロフィール

浦和学院高等学校から東洋大学へ進学後、1995年にドラフト3位で読売ジャイアンツに入団。すぐにレギュラーに定着すると、「攻撃型の2番打者」として同期入団の仁志敏久と1,2番コンビを組み、松井秀喜や高橋由伸と外野陣を形成してチームを牽引。4度のリーグ優勝と、2度の日本一に貢献し、1996年の「メークドラマ」、2008年の「メークレジェンド」の両方を経験した唯一の選手となる。
2009年に現役引退後は、読売ジャイアンツのコーチを務めた他、野球解説者、スポーツコメンテーターとして活躍中。

略歴

1992年
浦和学院高等学校から東洋大学へ進学
1996年
ドラフト3位で読売ジャイアンツ入団。早速レギュラーに定着し、「メークドラマ」として名高いリーグ優勝に貢献
2000年
読売ジャイアンツの3年ぶりのリーグ優勝と6年ぶりの日本一に貢献
2002年
球団記録となるシーズン191安打で自身初となる「最多安打」のタイトルを獲得し、読売ジャイアンツのリーグ優勝と日本一に貢献。ベストナインにも選出される
2004年
5月5日に1,000本安打、5月29日に100本塁打、6月5日に1,000試合出場を達成
2008年
「メークレジェンド」と語り継がれるリーグ優勝に貢献
2009年
埼玉西武ライオンズに移籍し、登録名を「清水崇行」に変更。この年限りで現役を引退。
2010年
野球解説者、スポーツコメンテーターとしての活動を開始
2011年
読売ジャイアンツの二軍打撃コーチに就任
2014年
読売ジャイアンツの一軍打撃コーチに就任
2016年
野球解説者、スポーツコメンテーターに復帰

【講演テーマ】

「伸びる人材と伸び悩む人材」
「聞く耳を持たせるということ」

>>詳細はこちら(NOBETECH)